ラベンダ-風便り

岐阜県池田山のふもとの小さなラベンダ-畑から 季節の移ろい、日々の出来事などの発信。 またラベンダ-クラフトショップ「ふぁいぶ・え-」 からのお知らせを記載します。

 魔女の庭の今

0421 035_R
魔女の庭の水仙が満開を迎えています。
よい香りがします。
庭にあった 古い丸太を
1個づつ一輪車で運んで
所々に配置した。

平面だったところに凹凸が出来て楽しくなってきた。
0421 008_R
早々とカモミールが蕾をつけ
0421 010_R
伸びてきた ヒソップの新芽もよい香りがしている
0421 023_R
紫アスパラも頭を出してきた
これは食べてよいのかしらん・・・?
伸ばしておくの?

我が家の庭にあるジュンベリーの近くに
おそらく落ちた実が発芽して
いつの間にか立派な苗木になっていたので
それを魔女の庭のシンボルツリーにならないかと
植えてみた。
0421 022_R
大きくなったら
丸太のイスがあるところが
よい具合に木陰が出来て
素敵な休憩所になることを願いつつ~
0421 041_R
白い矢印に植えました。







池田山の自然 身近な草

ラベンダー畑へ向か小道には
春の草が生え放題です・・・。
見ていても「草」のくくりで呼ぶだけで
名前を知らない
・・・・・
知らないんだなあ 私

調べて分かったのが

トキワハゼ か ムラサキゴケ?
0420 024_R
どうやら 大きさで区別するとか
0420 019_R
ムラサキゴケは多年草、
トキワハゼは一年草ということもわかった。

トキワソウの花の方がずいぶん小さく,白っぽい・・・

その点から言うと 綺麗なブルーが印象的なこの草は
ムラサキゴケなのかしらん!

ではこれは?
0420 015_R
これは知ってる
イタドリと似ているが違う
スカンポだ!
0420 014_R
イタドリは子供の頃に自分で採って食べた
スカンポはあっても食べなかった。

食べれるか食べれないか
それで覚えている。

人間本来持っているです。

偉いぞ 私~!


以前 庭にいた「イボタガ」
0420 008_R
庭の水仙に摑まっていた
羽の後側は
鳥の羽のような
編み目の様な模様でした。












池田山の自然 3 ホウチャクソウ(宝鐸草)

昨日 「越の小貝母(コシノコバイモ)」ではないかと
紹介したこの植物は
実は
ホウチャクソウ(宝鐸草)であることが分かりました。
ブログをごらんになった えるてさんが教えてくださいました。
0419 009_R
0419 008_R
ホウチャクソウ(宝鐸草)の名前の由来を調べたら
花の形や下垂する姿が、
お寺の軒先に吊り下げられている
鐘形の飾り「宝鐸(ほうちゃく)」に似ているから。
ふんふんなるほど こんな形のが下がっていますね~

えるてさん ありがとうございました。
ちなみに ホウチャクソウは全草有毒なんだそうです。







池田山の自然 2

たまたま通り過ぎようとした道端に
こんな葉っぱがあった。
2017池田の自然 035_R
カンアオイの葉かな・・・
2017池田の自然 038_R
根元の辺を探って見たら
特徴的な花も咲いていた!
2017池田の自然 039_R
詳しくは分からないが
きっとそうだ!
カンアオイはギフチョウの好きな食べ物と聞いています。
・・・が・・・ギフチョウはいまだかつて見たことが無い。
好む種類があるのだろうか?


残念な事・・・
2017何しようか~ 014_R
ラベンダー畑の入り口付近に
可愛い白スミレの花が咲き出していて
それは アスファルトの割れ目付近に芽を出し
小さいが がんばって咲いていた。
2017何しようか~ 015_R
アマントさんの奥さんと
こんなところから芽を出して
「ど根性スミレ」だね~ 
しかし 動かすとだめになってしまうだろうから
このまま見守ってあげようと
話していたのに
昨日気づいたら
無理やり 株が抜き取られていた・・・。

うまく育てばよいが。

もう少し待っていれば
種ができて それを蒔けば
もっと沢山可愛いスミレを
増やすことも出来たのに。

際の小さいほうは難を免れたようで
そのままあった。

なんだかな~ の出来事でした。





池田山の自然

麓は 自然が多く
未だに初めて見る植物も沢山あります。
ただ私たちが知らないだけで
結構ポピラーだったりして~

これもそう
0416 040_R
葉の見た感じから 「ゆり科」で
「山野草」で画像検索すると
「越の小貝母(コシノコバイモ)」という名前が出てきました。
0416 039_R
ぼやけていますが つぼみのようです。
北陸に多く分布し 茎の長さは5cmから10cmぐらいで
茎頂に下向きの一輪の花をつけると説明がしてあった。
この感じだと 近いうちに咲きそうです。

これはショウジョウバカマ
0416 043_R
本当は綺麗なピンク色はもうあせていました

そしてマムシグサ
0416 041_R
形に特徴があるので
これも分かります。


左サイドメニュー

プロフィール

 ラベンダーファーム                     あ ま お か 

Author: ラベンダーファーム             あ ま お か 
長年の夢の一つだった
ラベンダ-畑を主人の定年の年から始めました。
美濃柴犬の蘭号は主人の健康に一役買っています。
かわいい家族の相棒です。


〒503-2429 
岐阜県揖斐郡池田町藤代1002-5
ラベンダ-ファ-ム 
あまおか

お問い合わせはこちらへどうぞ
 ☎ 0585-45-9816

最新記事

最新トラックバック

ラベンダ-風便り

現在の閲覧者数: