ラベンダ-風便り

岐阜県池田山のふもとの小さなラベンダ-畑から 季節の移ろい、日々の出来事などの発信。 またラベンダ-クラフトショップ「ふぁいぶ・え-」 からのお知らせを記載します。

ウリボウ後日談  と   え~! そうなの JAF の話

昨日のウリボウの騒ぎは
みんなどこかへ居なくなって
無事でいるものと思う事にしました。

しかし 翌日の朝の蘭号さんの散歩で

下の体育館の北側にあるコンクリートの壁の
大きな側溝の方から
あのブヒブヒが聞こえてきました。

覗き込むと

あのウリボウ2匹が
川の中を走っていた~
イノシシ子供後 (5)_R
水分は補給できるので
まずは 大丈夫でしょうが・・・

主人がきっと下流の方で
抜け出せるかも知れんで
また山の方へ逃げていくと
少し 気が休まる事を 言ってくれました。

きっと山に帰って行ったと思いましょう。

そして 直ぐに 大きくなって
またやってくる~ これはとても困るから
来ないで~ です!



さて

車を買われた時に
渡されるのがキーです。
リモコン キー と スペア キー
いつもは リモコンキーを使っていますが
その リモコンキーが突然破損しました。
おそらくリモコンキーは黒い樹脂製でしょうか~
そして ドアの開閉もできるようになっています。

長く使用していて キーを回す事でねじる力が作用して
樹脂が疲労して?金属部分と樹脂部分が割れるような格好になって破損しました。
これは後でわかった事ですが
キーだけの問題ではない事がわかりました。

車は下の金属部分だけではエンジンがかからないのです。
上の黒い樹脂の部分がないと作動しないのです。

JAFに入っていたので
早速契約している近場の修理場の人が来られて
エンジンにガソリンを送る機能が故障しているので動きません
まずはレッカーでかかりつけの車屋さんへ運びましょう となって
JAFのレッカー車に来てもらいました。
JAF_R.jpg
あ~困ったことになったと思っていましたが・・・

そこで びっくりの
目からうろこの事実が~

ベテランJAFさんが
先日も同じような事があったと
壊れた金属部分に黒い樹脂部分をそえてエンジンをかけると
あ~ら 不思議
ブルルン と回転してエンジンがかかったのでした。

今の鍵にはイモビライザーというチップの様なものが組み込まれており
以下 JAFさんのホームページから抜粋

イモビライザーとは、簡単に言えば「電子的なキーによる照合」によって、
不正なキー(不正に作られた合鍵など)による侵入やエンジン始動を防ぐことにあります。

従来のキーは、キーシリンダー(エンジンスターター・キーの差込口)内にある物理的な噛み合わせによって、
正しいかどうかを判断していました。
そのため複製のキーがあれば車内に侵入することも、エンジンを始動することも可能でした。

これに対してイモビライザーは、キー側とクルマ側で電子的な照合が行われるため、
キーに内蔵されている正しいIDをクルマのコンピューターが認識しなければ、
エンジンを始動できません。
つまり、たとえ犯罪者が複製(物理的形状にコピー)したキーで車内に侵入できたとしても、
そのキーを使ってエンジンをかけて走り出すことはできない、というわけです。
キーのIDは暗号化技術を使った膨大な組み合わせによるもので、現在、複製は不可能とされています。

最近のイモビライザーには、不正キーによる開錠が行われた際、
フラッシュやアラームによる警告機能を持ち合わせているタイプも増えています。
イモビライザーはこれまでおもに輸入車に多く装備されてきましたが、
近年では国産車でも高額モデルやスポーツモデルを中心に普及してきています


なおかつ
イモビライザーが仕組まれている車では
金属だけのスペアキーはドアを開けるのみで始動できない・・・  え~!

知っているのと知らないのでは
こんな時 まったく違いますね!

JAFさん ありがとうございました。

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

スペアーキーで運転できないんですか!?
知らなかったー!
  • posted by
  • URL
  • 2014.06/22 06:03分
  • [Edit]

コメントありがとうございました さんへ

イモビライザーが仕組まれた車では
どうやら 全部が金属のみのスペアキーでは
始動できないようです。
黒い樹脂が付いたスペアキーはちゃんと始動しました。
スペアキーにもイモビライザーが仕組まれているのでしょう。
  • posted by ラベンダーおばさん
  • URL
  • 2014.06/22 06:51分
  • [Edit]

小さい頃は

ウリボウには見えないよ。リスかと思った。
いい子に育ったもらいたいです。
JAFさん出動ですか。ちょっとした騒ぎになりましたね。
結局のところ自走できたんかな~。燃料ポンプ系の故障はなかったんかな~。技術進歩すると故障原因も処置も複雑になるんで大変です。
イモビのシステムも難解ですね。暗号技術を使用していたとは知らんかった。
壊れたら面倒なのでイモビシステムのシールだけ窓に貼っておくってのはどうかなぁ。ほぼ同じ効果があるかもよ。
  • posted by みーなぎ
  • URL
  • 2014.06/22 07:52分
  • [Edit]

みーなぎ さんへ

作物を作っている人には
良い子にはならんかも・・・です
イモビシステムについては
メーカーはもっと広報すべきですよね~!
  • posted by ラベンダーおばさん
  • URL
  • 2014.06/22 08:15分
  • [Edit]

そうなんですよ。私もカギとプラの部分が破損により外れてエンジンがかからなくなったことがあったんだけど、とっさにセロテープでくっつけて対処したことがあります。でも、目的ちに着くまでセロテープが剥がれないかとヒヤヒヤものでした。便利な物は機能しなくなるとものすごく不便ですよね
  • posted by まゆ美
  • URL
  • 2014.06/22 13:23分
  • [Edit]

まゆ美さんへ

やっぱりそういうことはあるのですね
便利に使っている物に
あてにしてしまうし
うそのように使えなくなってね ~
  • posted by ラベンダーおばさん
  • URL
  • 2014.06/22 17:04分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

 ラベンダーファーム                     あ ま お か 

Author: ラベンダーファーム             あ ま お か 
長年の夢の一つだった
ラベンダ-畑を主人の定年の年から始めました。
美濃柴犬の蘭号は主人の健康に一役買っています。
かわいい家族の相棒です。


〒503-2429 
岐阜県揖斐郡池田町藤代1002-5
ラベンダ-ファ-ム 
あまおか

お問い合わせはこちらへどうぞ
 ☎ 0585-45-9816

最新記事

最新トラックバック

ラベンダ-風便り

現在の閲覧者数: