ラベンダ-風便り

岐阜県池田山のふもとの小さなラベンダ-畑から 季節の移ろい、日々の出来事などの発信。 またラベンダ-クラフトショップ「ふぁいぶ・え-」 からのお知らせを記載します。

岐阜羽島竹鼻別院のふじまつりへ  その1

山藤が咲き出し池田山のあちらこちらが薄い藤色に染まっています。一方こちらは羽島郡竹鼻別院の藤です。この藤は樹齢300年以上の古木で枝が東西33m 南北15mあり端から端まで見事に花を咲かせています。根尾の桜と同様ここでもお年寄りが頑張っています。一度は訪れたかった場所です。お天気にも恵まれた昨日は沢山の人が藤のなんとも良い香りの周りでひと時を楽しんでいました。直射日光の下は暑いぐらいでしたが先ずは...

花さまざま・ ラベンダーの花芽

晴天の日曜日リュックを背負っておおよそ50名ほどの健脚の皆さんが池田山へ登山元気に出発です。蘭号の散歩で見つけた花の風景ですサツキ?ツツジ?一重のヤマブキサツキツツジというらしいおそらく かりんの花そして 見つけた!ラベンダーの花芽の赤ちゃんのぞいているでしょ~葉っぱの中から頑張って大きくなあれあなたに会いたくて待っていたよ!...

お茶屋敷跡(赤坂ぼたん園)見学に~

ゴールデンウイークのこの時期に毎年訪れる素敵な場所があります。お茶屋敷跡 (通称赤坂ボタン園)です池田町の我が家から車で15分位の大垣市赤坂町にありますお茶屋屋敷(おちゃや やしき)は、江戸時代に五街道に整備された将軍家の宿泊施設で大名の宿泊・休憩施設でした御茶屋御殿(おちゃや ごてん)また単に御茶屋(おちゃや)ともいうそうです。 赤坂のお茶屋屋敷は宿場の本陣の原型となったものといわれ 中山道赤坂宿の...

ゴ~ルデンウイ~クの始まり

今日から人間界ではゴ~ルデンウイ~クってものが始まるらしいね・・・私たちには関係ないけどそうね~そんな事より 今日のミーティングはどうするのよ~カラスもそれぞれの木のてっぺんで相談中美濃揖斐茶の生産地池田町の茶畑もご覧の通りです日本の美味しいお茶になれるよう新芽が輝くように伸びてきました。今年は特に寒い日が多かったのか例年より新茶の摘み取りも遅いかもしれません。...

足踏みミシン と スミレの花

すっきりとした青空の下霞間ヶ渓の流れも清流に戻り柿の新芽も大雨の後でぐんと伸びて四季彩の畑の隅で群生しているスミレが白い小さな花を咲かせています。ラベンダー畑の草取りの際スミレの種類は残すようにしています。様々な種類がありますがどれも可愛いので特別扱いです! 見とれてしまうよ !ご縁があって我が家に届いた足踏みミシン大切に使っておられたのでしょう。しばらく使われていなくてもちゃんと動いてくれました...

昨日の雨で 

今朝は昨日と打って変わってどうやら晴天の様ですお茶の新芽も朝日に映えて来る新茶のシーズンに向っています我が家のスズランも水分たっぷりといったところです。昨日は1日中の強い雨で杭瀬川は洪水警報が出るほどでした四季彩の畑も大地の畑も畝が水に浮かぶ島の様に新緑の霞間ヶ渓では川が濁流となっていました。晴ればかりではありません。こんな1日もあるのです。昨日のような大雨は嫌ですが一雨ごとに新芽は大きくたくまし...

霞間ヶ渓オオルリ三昧

ねえ~うしろ姿の君エッ? なんなの?曇り空の下 木から木へと 素敵な衣装に身を包んで だから なんなの?これは、普段着です。初夏とは名ばかりの午後にやっぱりジャンパー引っかけて霞間ヶ渓を歩いていたら三脚付き望遠鏡持った紳士と野鳥ガイドブック抱えたご婦人に会いました最初に出た言葉は「オオルリいますね」ここら辺は野鳥の宝庫で良い場所である事は一致した意見の様です。ただ車が結構通るのでその度にシャッター...

池田の自然

池田山はすっきり晴れていますがやっぱり風の冷たい日が続いています。ツバメは頑張って巣造りをしていますが今年のツバメさんちょっと巣の壁が薄い様だよ頑丈な作りにしないと落ちてしまうよ・・・。毎年の事ですがカラス、スズメなんかが突いて壊してしまう事が多々あるので本当に大変なのです。なに蝶かしら紅蜆蝶(べにしじみちょう)というらしいです。蝶は優雅にヒ~ラヒ~ラ飛ぶものと思っていましたが以外にも 結構速く飛...

美術展の周りでは

引き続き美術展では~作品が設置してある古墳群のある処にこんな植物がこれは以前にも見た事があるわ・・・え~とこれは浦島草?マムシ草?そうです これはマムシ草ですね サトイモ科テンナンショウ属の           多年草の総称名前と形がいかにもで怖くて個性の強い植物ですね。古墳郡は願城寺の山麓道路沿いの道端に普通にあります。100基以上の円墳からなりほとんどが横穴式石室です6世紀~7世紀にかけて築か...

2013池田山麓クラフト展

池田山麓クラフト展行って来ました。新緑の大津谷公園では沢山の人々が沢山のブースで繰げられる新しい創造と人に出会って様々な発見をしていくのでしょうか。沢山の老若男女から芝ヤギのメエメエちゃんと ぜんちゃんも                カワイイ!みんな見られたかしら?古墳群の周りの美術展子供の時以来でしょうか歩いて散策するのは不思議な造形に興味津々で「なんだろう?」皆さん 作家さんの説明になるほど...

池田山麓クラフト展と願城寺古墳群美術展

       電線の上でとまった野鳥さん強い風に胸の羽毛が乱れてしまった昨日でした。ちゃんと見ると カワラヒワでした14.6~16cm スズメ目-アトリ科本日21日(土) 22日(日)の両日に池田町宮地で池田山麓クラフト展が開催されます。同時に願城寺古墳群美術展が5月12日まで開催されます。岐阜県史跡指定「願城寺西墳之越古墳群」古墳時代後期111基の群集墳一帯を舞台に11人の作家さんの作品を見る事...

ツバメの家造り

さて我が家の軒先に居を構えようとどうやら決めたツバメさんえらくスローペースです想像するにおそらく人間の生活が関係していると思います。やっと 田んぼに水が入ってツバメの住居の建材の泥が手に入りやすくなって どうやら 取り掛かれたかな何もない垂直な柱に上手にペトペト泥を貼っ付けてます。さて昨日は雉夫婦の話をしましたが雉だけではなく渓水の流れる水路にはサワガニが住んでいるようです。上流に住む私たちはとに...

雉の夫婦

月桂樹 昨日の蕾は今日には可愛い花を咲かせてくれました。我が家の周りの茶畑では雉が住み着いていますが時折カップルで歩いているのを見ます 何故か 一列の茶畑を挟んで右と左でそぞろ歩き・・・?雄は目立つ所でもいますが奥さんらしき雌は人の気配で直ぐに身を低くして目立たないようにしています。この奥さんらしき雉は結構な美人さんの様です  今日の占い この雉のカップルは近い将来に小雉を連れて 茶畑の中をあちら...

リンゴの花とヒヨちゃん

庭の姫リンゴの花が満開になりました。毎年花付きは良いのですがリンゴは数個が実るのみでした。何かの情報から枝が水平になれば実が沢山収穫できる・・・とかそこで伸びている枝を紐であちらこちらにくくりつけて水平まではいきませんがそれらしくしてみました。確かにこの方が全体にお日さまの光も届くように思えます。蜂の助けも借りて去年よりは多くの収穫となるでしょうか。リンゴの隣にある月桂樹の花も蕾が膨らんできて楽し...

陽気に誘われて

大地の畑の草取りはあとちょっとのところです・・・ゆっくりにも程がありますがあまりに天気が良くてやさしい風が誘うものだから霞間ヶ渓から北へ車で1~2分のところに安国寺さんがありますがその沿道に桜などが植えてあります。そこは桜のシーズンを一番に告げる桜もあれば今の時期にまだ見頃を保つ桜もありました。この桜の下に立つとこの木は蜂の木なのかと思うぐらいにいろんな蜂の羽音がぶんぶんとしていました。蜂はよく知...

季節は移る ・ ツバメの初仕事

ほとんどのソメイヨシノや山桜は葉桜となっていますが唯一牡丹桜のみが今年の桜の見どころになっていますそのまま 桜餅に使えそうな葉の色です。替わって霞間ヶ渓は緑色の渓となってラベンダーの畑も少しずつ株の表面も灰色から緑色に覆われてきました。そしてこの燕さんの仕事も始まりました。丈夫で立派なお家を作って下さいよ!しかし、やっぱり玄関の真上なんですがねまあ仕方がないです~子育ての間は布団干し等の干し物は出...

ヤマブキの花も咲いて・シロハラは小忙しく

和紙を使った貼り絵のような池田山昼間はやっと暖かくなってやれやれですジュンベリーの白い花が今年の甘酸っぱい実を約束してくれているのでしょうか?花より団子 楽しみだし 去年の黒い実がついたままですが白ヤマブキの花がひっそりと咲き出しました。この子はだあれ?公園でふと隅の方を駆け足で過ぎていく後ろ姿シロハラです 24~25cm キョロンキョロンとか シリリーッって鳴くらしい       警戒音はギョキ...

美濃柴犬 蘭号 綺麗になって 獣医さんへ 

美濃柴犬の蘭号さん久しぶりの美容院 っていうかシャンプーしに近くのワンコさん用の美容院?へバンダナ付けてもらって「オトウサン どうですか?」夏毛との変わり目ですっきりとしました。美容院には迷子のワンコさんがお店の看板犬となって第2の犬生を送っていました。きっと、今の方が幸せね。綺麗になったところで蘭号さん獣医さんへ待合室ではいつも お利口で待っています。体重は11.75kgで良好です。久しぶりの獣...

オオルリに会えた 池田山は新緑の季節

里は雨でも池田山にはみぞれが降ったらしく風は冷たく何だこりゃの日々です。庭のスズランも花が咲き出して例年なら暑く感じる頃なのにいまだに 散歩時には一枚余分に重ねて出かける始末です。霞間ヶ渓正式には揖斐関ヶ原養老国定公園というそうなそこでは葉桜となった樹にもその実か残りの花か又は虫を食べるのか多くの野鳥が見られます。イカル 花びらをくわえて    食べてるなあって わかる。    集団でいるけどなか...

ラベンダーの新芽が愛おしいです!

4月もそろそろ中盤になってきてラベンダーの新芽が出始めてきました。大地の畑の入り口まだまばらですが柴桜のピンク色の花が畔全体を覆う様になったらいいな濃紫早咲3号です草取りしてる時に新芽がなんとも良い香りがしてきます濃紫早咲より少し花の時期が遅いオカムラサキは全体に濃紫早咲より株が大きいように思います四季彩の畑は去年植栽された何種類かの中で全部ではありませんが頑張ってこの地で生きていくと宣言した子も...

ジャック・スワロウ

暖かい日差しの中で畑で草取りをしているとあちこちから聞こえてくる鳥の声そして夕方になって家の中までもやっぱり聞こえる鳥の声・・・・・!?こんな時間にすぐ近くでこの間のシジュウカラ君?窓を開けて見てみる何処だろう~また聞こえてくるあっちの窓こっちの窓そんなにないけどう~ん・・・?主人の一声「ツバメがいる!」いつからいたの?どこからはいってきたの?本人曰く「僕 門限に遅れるので 早くここから出して下さ...

根尾谷 薄墨桜へ行って来た。

土日の悪天候から一転時折猫バスは通って行ったものの時間が経つにつれ青空が広がった昨日に薄墨桜で有名な本巣市にある 根尾谷へ行って来ました。混雑が予想されたのでちょっと躊躇したのですが以外に渋滞もなくスムーズに行けました。赤いつり橋に桜も映えて車でいっぱいの道を避けてのんびり田圃道を歩いて着いた駐車場そこから先は人人人・・・国指定天然記念物 エドヒガン桜という種類樹齢1500余年何本もの丈夫な添え木...

色とりどりに満足

ドラム蛙が復活しやたら久しぶりのバチさばきを披露するので聞き入っていたらやっぱりの雨と突風の吹く日曜となってしまいました。桜まつりのほとんどの行事が残念ながら中止となり唯一 写生大会は行われました。雨風を避けながら子供たちは自分の見た桜の様子を描こうと頑張っていました。お山全体がパステルカラーというのでしょうか柔らかい色で覆われています。濃い緑黄緑紫大根の紫と葉っぱの緑色屋根のてっぺんで雲行きを見...

自然にはかなわない  池田山フェスタ と 呑龍さん

いつかは桜も散りますがせめて行事が終わってからなんて人間の勝手は通りませんね・・・土曜日は池田山フェスタがいろいろ計画されていましたが雨になってしまいました。しかしなんとか行事は 執り行われた模様です。護摩木供養祈願祭の炎も雨の中、消防の人達に見守られながらです。一方大垣市赤坂では子育・安産・かん虫封じ・合格祈願に御利益がある天清院 呑龍大士さん通称 呑龍さんの御会席式がありました。毎年4月の3日...

春爛漫 その2 小太郎君に会ったよ

昨日は主人が蘭号さん  の散歩にカメラを持っていきました。意気揚々の御帰還です。お土産はこの子はだあれ?ウグイス・・・?違う気がする・・・?調べたらジョウビタキの雌らしいです。沢山の人で霞間ヶ渓は賑わっていました。お堂も解放されていましたのでお参りしてきました。どうか世界中の子供たちが平和で幸せでありますように。帰り道にこんな可愛い子に会いました。小太郎君 2歳のオオバタンだそうです。とても紳士で...

春爛漫

ちょっと離れた場所から見た霞間ヶ渓ですお山の中腹から頂上付近までピンク色が見えています。週末は残念なことにお天気は良くないと天気予報で伝えていました。すでに葉桜になった樹もあります。すおうの花も咲きました土手のタンポポも咲いてキアゲハもあちらこちらのタンポポでお食事中だしホオジロは電線の上で胸張って一筆啓上仕り候源平ツツジ白ツツジ  って 声張り上げれば鳩さん「お花見はもっと静かにするものよ」って...

鹿の目線で見れば・・・

庭の雪柳が右へ左へまったく風の強く寒い一日となった昨日も観光バスの予定は変わることが出来ないのですね観光客の皆さん霞間ヶ渓はゆっくりと散策できたのかしら・・・桜のトンネルこれは我々人間の目線ですしかしこれは鹿の目線一段高い土手の上に鹿道が有ります。きっと散歩してる人もご存知ないでしょう。例えば 川沿いに道があってもわざわざ川と道のわずかな傾斜に道を作って通って行きます。いかに食べ物のところに早く行...

エッセンシャル オイル

ふぁいぶ・え~ の 商品紹介します。第1回目はラベンダーの香りを 伝えるには・・・との思いから今年から香の商品を少し置いています。エッセンシャルオイルです。日本アロマ環境協会表示基準適合認定精油イギリス(アロマテラピ精油取引協会)及び(英国土壌協会)加盟社より輸入された100%ピア&ナチュラルな商品です。ⅰ ラベンダー・ブルガリア 深く濃厚な香り。リラックスしたい時にどうぞ~           ...

霞間ヶ渓の由来

霞間ヶ渓はかつて鎌ヶ谷と呼ばれていました。古くから桜の名所として名高く、ヤマザクラ、シダレザクラ、エドヒガンなどが谷間に沿って自生していました。そこへ大垣藩が治山政策のためにソメイヨシノなどを新たに植樹し、更に明治以後も観光開発の一環で、植樹は増え続け、全長2kmの渓谷一帯には約1500~2000本の桜が見られるようになり一斉に咲き誇ると、遠くから眺めれば霞が掛かったように見えることから、いつしか...

写生大会と キセキレイ と シジュウカラ

小学生の頃この時期に学校行事だったか霞間ヶ渓の写生大会というがあったなあ・・・懐かしいでサクラまつりの広告を見たら今もありました。今度の4月7日(日曜日)に霞間ヶ渓と大津谷公園で写生大会が実施されるようです 保育園児及び小・中学生までの児童生徒さんが対象です。お花ばかりじゃないよ小さな生き物が一杯いるのにも気がついてもらいたいな~キセキレイです  20cm ホバリングしながら飛んでいました。   ...

左サイドメニュー

プロフィール

 ラベンダーファーム                     あ ま お か 

Author: ラベンダーファーム             あ ま お か 
長年の夢の一つだった
ラベンダ-畑を主人の定年の年から始めました。
美濃柴犬の蘭号は主人の健康に一役買っています。
かわいい家族の相棒です。


〒503-2429 
岐阜県揖斐郡池田町藤代1002-5
ラベンダ-ファ-ム 
あまおか

お問い合わせはこちらへどうぞ
 ☎ 0585-45-9816

最新記事

最新トラックバック

ラベンダ-風便り

現在の閲覧者数: